台湾初三の風習~寝放題

台湾お正月には、
初一早 チゥーイ ヅァォ 
初二早 チゥーウーァ ヅァォ
初三睡到飽
チゥーサン シゥェイダァォパァォ
という諺があります。

この諺の意味は
お正月の1日目と2日目は早起き、
3日目は寝放題です。

子供の頃、
おばあちゃんから教えてもらいました。
旧正月の3日目は、
ネツミの嫁入りの日なので、
邪魔をしないように早く寝て
ゆっくり起きる、
そして、
なるべく外出しないようにするそうです。

さらに、
この日は、「赤口日」です。
人と揉たり喧嘩をし易い日なので、
家に居てそれを避けましょうと言う意味
もあるそうです。
ちょうど、
元日、正月二日までは
拜拜などで大忙しので、
正月三日が寝放題の日だとされています。
バタバタしていた女性たちにとって、
しっかり休ませる日です。
なので、
台湾では、初三に
基本的に家で家族団らんで過ごす日ですが、
今日は、
家で点心を作りながら家族と一緒に過ごしています。

Please follow and like us:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です