春巻の原型~台湾の潤餅捲

今週の土曜日は、清明節(チンミンジエ)です。
台湾の清明節というイベントは、
季節が春に変わる頃、家族で集まってお墓まいりにいく文化だそうだ。

沖縄でもこの季節に
チーミーと呼ばれるお墓まいりに行く日があるらしい。その起源は同じだと思う。

台湾では
清明節に潤餅(ルンピン)を食べる風習がある。
特に、台湾中南部の家庭では必ず潤餅を食べる。
潤餅捲とは、
春巻きの原型と言われる古くからある食べ物で、クレープ生地のような柔らかい皮で
例えば、もやしやきゅうり、人参、卵、ピーナッツなどの各自好きな具を巻いて食べる。
日本の手巻き寿司パーティーと
コンセプトみたいな感じだよ。

今日の夜も作ろう^_^

Please follow and like us:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です