台湾「回娘家」の風習

今日は、旧正月2日~初二です。
この日は回娘家(中国語は、フゥェイ ニィァン チャァ)と言われており、
嫁に出た娘たちと夫が一緒に
嫁の実家に帰省するので、
「娘婿を迎える日」とも言われています。

台湾では、昔の女性は結婚する日を限りに
実家を帰らないそうです。
なので、初二は結婚した女性たちにとって、本当に大切な日です。
普通初二、
お土産を持ち、夫や子供と共に嫁の実家に帰ります。
その時用意するお土産は、
必ず偶数だそうです。

台湾では日本とは逆に
「慶事は偶数、弔事は奇数」が習わしと
されています。
これは偶数は「対」になることから
「吉祥」とされ、
奇数は縁起が良くないと
されてきたそうです。
なので、
台湾では基本偶数とされていて、
結婚式のご祝儀なども偶数で包みますし、
贈り物2つそろって一組になります。
数字の「2」は
中国語で「和諧」(調和がとれている)の意味があるそうです。

みんなと一緒に実家で昼食を一緒に食べて、
必ず当日の夕方前に自分の家に帰ります。
これは
昔台湾の嫁は
夫の実家の家族たちと一緒に暮らしているので、ちゃんと仕事してないと非難されないよう、夕方前には夫の実家に送ってもらうそうです。

Please follow and like us:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です