台湾旧正月の走春という風習

今日は、
台湾旧正月の一月一日~初一
(中国語は、チゥー イー)です。

台湾では、
初一にお出かけをする風習があります。
「走春」(中国語は、ゾウチュン)と呼ばれています。

「走春」は農業社会からの伝統習俗です
「走春」の 「走」は歩く意味です。
「春」は台湾語の「剩」(残る意味)の発音と同じです。
=》
歩ければ歩くほど
余りが出るということを意味します。
なので、
しっかりお出かけすれば、
新しい年を裕福に過ごせるという願いが込められているのです。

子供の頃、
初一の朝まず家族で一番年長の人に
新年の挨拶してから、
家族と一緒にお寺や廟を参拝したり、
親友の家へ訪問したり、
会う人々に新年のお祝いの言葉をかけて、
運気はアップでき、
蓄財招福をもたらす財神を
家に迎えることもできるそうです!

Please follow and like us:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です