台湾こと,  教室こと

台湾小年夜の風習

今日は、
2月10日は旧暦の12月29日。
台湾などでは小年夜と言います

小年夜(中国語は、シィアォニィェンイエ)とは、大晦日の前日です。
「台湾春節」は、
旧正月の前夜から正月5日まで、
色々な風習がありますが、
小年夜も特別な風習がありますよ。

子供の頃、
小年夜の深夜が一番忙しかったですよ。
拜天公(お天道様-玉皇大帝を祭ります)
という風習があって、
大体22時くらいから
お供え物の準備を始めました。
23時から1時までの間に爆竹🧨を鳴らし、
玉皇大帝を祭って、
一年間守ってくださったことを感謝します。

台湾の伝統的な宗教は
一般に、仏教、道教、一貫道
及び民間信仰だとされます。
道教は台湾で最も信仰されている宗教です。
道教は多神教に属し、
民間の伝説や歴史上の人物と
結びついたものも多いそうです。

例えば、
玉皇大帝(ユイーフアンダァーディー)は
道教における天界の指導者で
地位の最も高い神
媽祖(マーズー)は、海上の守護神
土地公(トーディーゴン)は、土地の守り神

Please follow and like us:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Instagram