台湾足湯

去年の冬から、
寝る前家族全員で足湯をやってきました。
足湯には、オリジナルの漢方入りで、
ヨモギ、ショウガ、サフラン、メハジキなどが入っています。
ほんのりお茶のような色をしている足湯
漢方の香りがほのかに漂い、
気持ちが落ち着きます。

台湾のどのご家庭にも
大抵は浴槽はついておりません、
台湾人は基本シャワーですよ、
日本に10年以上暮らしてきたけど、
いつもシャワーですが、
子供の頃から
ずっと続いている足湯習慣のお蔭様で、
お風呂なしても
身体全体が温まれますよ。

足湯はただ足を温めるための湯ではなくて、正しい方法で入浴すれば、
自律神経を整えたり入眠を促進したり、
多くの効果効能が期待できる優れものです。

大切なポイントは温度と時間です。
温度について、
足湯には38~40度ほどの
ぬるめのお湯が適しています。

足湯の時間は、
ぬるめのお湯に45分ほど浸かるのが
おすすめですが、
心臓病などの持病が気になるなら、
15~20分ほどを目安に浸かるとよいと思います。
しかし、
どんな場合でも汗をかくほどの長い入浴は、
エネルギーを消費してかえって疲れてしまうこともあります。
長時間の入浴には
水分補給が欠かせないんですよ。

あと、
足湯に浸かって、足が温まったら、
綺麗なタオルで足を拭くのが清潔に保ち、
周囲も濡らさないですよ。
自然乾燥を待っている方もいますが、
あまりおすすめしないですよ。
季節によって、
湯冷め(汗が冷えちゃう)しますよ。

足湯入れる材料について、
うちはオリジナルの漢方でやるんですが、
昔台湾おばあちゃんから教えてもらったやり方は、ヨモギだけの足湯もとても簡単で良いと思いますよ。
是非やってみてください。

Please follow and like us:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です