台湾では人気の食材~緑豆

今日、みんなさんに紹介したいことは、
台湾で人気の食材~緑豆です。

緑豆(りょくとう)は
小豆の一種で、もやしや春雨の原料です。
日本ではあまり馴染みがない緑豆ですが、
台湾では、日本の小豆と同じくらいポピュラーな食材です。
台湾の伝統菓子やかき氷、甘いスープのトッピングに用いられています。

子供の頃から、
うちのおばあちゃんに「夏に緑豆湯を食べなさい!」と
よくすすめられました。
緑豆湯(リュウドウタン、緑豆スープ)というのは、
緑豆を炊いた後、
ぜんざいのように砂糖と一緒に煮込むスープです。

緑豆の栄養成分は、
タンパク質23.8g・炭水化物58.8g・脂肪0.5gのほか、カルシウム80mg・リン360mg・鉄6.8mg・ビタミンB1・ビタミンE・葉酸などミネラル分も豊富です。
さらに、緑豆は薬膳料理の食材としては「寒」に属し、
体を冷やす効果、解熱効果があるそうです。
夏の時期、日本で暑さを乗りきるため、
夏場にウナギを食べる習慣があるように、
台湾では夏バテ対策&暑い夏を乗り切るために、
家庭でも外でもよく「緑豆湯」が食べられています。

鉄鍋で緑豆スープを作ると、スープの色が黒くなります。
これは、緑豆はタンニンを含んでいるので、
そのタンニンが鉄と反応します。
消化不良などを起こす場合ががあるので、
緑豆を炊く時は、
鉄鍋の使用を避けた方が良いと言われています。
必ず注意してくださいね。

むしむしジメジメ、暑い夏がやってきました。
家でひんやり台湾の人気の「緑豆」を使って、
夏にうれしい簡単スイーツを
楽しんでみませんか?
楽天でも買えますよ。

https://item.rakuten.co.jp/taiwankitchenlin/food006/

Please follow and like us:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です