3/19から台湾、日本に「渡航中止・退避」勧告へ 19日施行 ビザ免除を停止

(台北中央社)中央感染症指揮センターは17日の記者会見で、感染症渡航情報で最高水準の「レベル3」の対象に日本を加えると発表した。これを受け、外交部(外務省)は同日、日本に対する渡航警戒レベルを4段階で最高の「赤色」(渡航中止と退避勧告)に引き上げると発表した。いずれも19日午前0時から施行される。

日本を含む20カ国と米国の3州が新たにレベル3に追加される。これらの国・地域から台湾に入境した人は、台湾時間17日午後4時以降の搭乗分から、入境後14日間の在宅検疫が義務付けられる。規定に違反した場合、最高で100万台湾元(約352万円)の過料が科される。

同センターの陳時中指揮官はレベル3の対象国について、査証免除(ノービザ)措置を停止すると発表した。特殊な理由がある場合は、在外機関でビザを取得すれば入境できるとした。

新たにレベル3に加えられる国はアジア19カ国、東ヨーロッパ1カ国。 (張茗喧、許秩維、陳至中、陳怡セン/編集:名切千絵)

http://mjapan.cna.com.tw/news/asoc/202003170005.aspx

II.「居家検疫(=在宅検疫、Home Quarantine)」
の概要は以下のとおり。

公共の場所への出入りすること公共交通機関を利用することを禁じる。

自主的に体温と健康状況を記録する。

発熱、呼吸器官の症状、あるいは身体の不調を感じた場合は、最寄りの保健所に連絡してから、指定された医療機関を受診する。

Please follow and like us:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です