中国語講座,  台湾こと

台湾の忘年会-尾牙

こんばんは。
台湾キッチンです。

台湾の「尾牙」というのを聞いたことがありますか。

「尾牙」(中国語の読み方:ウェイヤー)は、台湾の忘年会のことで、
会社や商店が、
社員や店員たちにご馳走したり、
景品や賞金を出したりする習慣があります。

尾牙は、
旧正月前である今がシーズンです。

尾牙の由来~
台湾で商売する方々は「福徳正神(通称「土地公」、土地の神様)」を信仰している人が多く、
毎月旧暦の2日と16日に
お供え物をして祀る風習があります。
この儀式を「做牙」(中国語の読み方:ゾウヤー)と呼びます。

旧暦の2月2日は土地公の誕生日で、
「頭牙」と言います。

それに対して、
「做牙」は、
土地公に1年の感謝を込めて
年末(旧暦12月16日)に、
たくさん捧げ物をして行われるので、
「尾牙」という特別な名前で呼ばれます。

昔、「尾牙」の日。
做牙が終わった後、
社長達が捧げ物を食べるのですが、
あまりにも多くの捧げ物があるため
食べきれないのを従業員に振る舞ったことが
忘年会として定着したと言われています。

子供の頃聞いたお爺さんの話によると、
尾牙のとき、
社長から鶏料理の皿の頭を向けられた社員は「年明け以降は出勤に及ばず」
と告げられたことを意味するいう
有名な風習があったけど、
今は無くなりました。

尾牙では美味しいものを食べるだけでなく、
お年玉や自社商品を景品にした抽選会が催されることも多くあります。

台湾 #台湾忘年会 #尾牙 #尾牙表演 #尾牙聚餐 #台湾キッチン #台湾キッチン料理と点心教室 #大阪弁天町中国語教室 #台湾公認インスタグラマー #台湾好きな人と繋がりたい #台湾料理 #台湾料理教室 #台湾料理教室大阪 #台湾観光協会大阪事務所

Please follow and like us:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Instagram