台湾こと

台湾にも成人の日があります

こんばんは。
台湾キッチンです。
今日は、日本の成人の日です。

日本では太陰暦の小正月の1月15日に
元服を行っていたようですが、
成人の日になり、
今は祝日法で成人の日が
1月の第2週の月曜日になるそうです。

知っていますか、
台湾にも成人の日があります。
台湾の台南市でも
16歳の成人式が行われます。

台湾では法律上では
20歳で成人となりますが、
台南では16歳だそうです。
この風習は「做16歲(16歳のお祝い)」
と呼ばれています。

この風習の由来は、
清朝時代から
伝わる台南の伝統的なものです。

その時代には働く子どもが16歳になって
大人と同じ額の給料がもらえるようになり、
お祝いに宴を設けて
成人になったのを知らせたのが
始まりだとされているそうです。

台南には、
七娘媽(七星娘娘、織姫)は
子供の守り神の文化があります。

織姫は七星娘娘(七番目の姫)」と
呼ばれていて、
織姫と上の6人の姉妹(=七娘媽)が
子供の守り神として
16歳未満の人間の子供を大きくなるまで、
ずっと見守ってくれています。

旧暦7月7日の七夕は
七娘媽の誕生日であるため、
台南では多くの人がこの日に
16歳の子供が
成人式を迎える習慣になりました。

台南の成人式では寺廟にお参りをして、
16歳になる成人は
七娘媽の供え物を置いているテーブルの下、
そして、
両親が七星亭を廟の門を背に高く挙げて
その七星亭の下からくぐり抜け、
男の子は左に3回を回り、
女の子は右に3回を回り、
亭を出て、
神様に捧げる紙の家を
香炉で燃やすそうです。

台湾の成人の日 #台湾 #台湾キッチン #台湾キッチン料理と点心教室 #台湾好きな人と繋がりたい #大阪弁天町中国語教室 #台湾公認インスタグラマー #台南 #台湾文化 #台湾観光

Please follow and like us:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Instagram