台湾苗栗客家圓樓

今日は、みなさんに紹介するの~
高鉄苗栗駅・
台鉄豊富駅の南側には
2014年に建てられた「客家圓樓」
(ハッカエンロウ)があります。

こちらの建物は、
世界文化遺産に登録された
中国福建地方の客家土楼群を
模した客家円楼が造られました。
こんな独特の建て方は、
二つ意味があるそうです。
一つ目 対等な共同生活のため
普通の住宅は社会の階層を反映するが
客家円楼は、
対等な共同生活を送るモデル住居として
すべての部屋は同じサイズ
同じ材料等級、同じ内装、同じ窓や
同じドアで造られています。
二つ目 外部からの襲撃を防ぐため
門をひとつ閉めるだけで
外敵から身を守ることができるそうです。

苗栗の客家円楼は、三階建てです。
一階 円形ステージ
二階 展示スペースには
50年以上前の客家人の暮らしが
再現されています。
いろいろな客家の伝統的な衣食住に関する展示と藍染めなど客家の伝統技術に関する展示があります。
三階 手作り体験研修室
地下一階 マルチメディア放映室

台湾客家の歴史に興味のある方
是非見に行ってみてくださいね

[入場料]30元

[住所]
苗栗県後龍鎮校椅里7隣新港三路295号
[営業時間]9:00-17:00 (月曜定休)

[行き方]
高速鉄道で「苗栗駅」下車、徒歩約5分。
鉄道で「豊富駅」下車、徒歩約8分。

Please follow and like us:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です