苗栗アブラギリの花

毎年4月から5月まで
台湾ではアブラギリの花が
風で舞い散る光景が見えます。
非常に美しく、まるで粉雪が
舞っているかのようです。
かつて客家人が暮らす地域は
アブラギリが生長する地域でもありました。

昔の客家人にとって、
アブラギリは大切な経済作物の一つと
なりました。
アブラギリの種子から
油を搾り取ることに気づき、
防水の効果があるため、
紙傘の上に塗ったり、
ペンキの重要な原料として用いました。

台湾の中でも
客家人が住む割合が高い「苗栗県」では
多くの油桐花を楽しむことが出来ます。
例えば、
☀️ 「苗栗県三義郷」
台湾人の間で一番人気の油桐花の里です。
こちらでは気持ちのいい山の中の各地で
油桐花を見ることができます。
台湾鉄道「三義駅」から
タクシーで10分の
「四月雪賞桐歩道」などの場所へ。
木も大きく、本数も多いので、
本当に美しいです。

☀️苗栗の姜太公中部道場(客家大院)
全国トップの本数を誇るアブラギリの樹が
植えられているだけでなく、
こちらの建物は古典と現代建築の美学が
融合されています。
この300坪の客家の三合院では、
客家の人々の勤勉で忍耐強い人文の精神と
伝統的な建築の間取りの美しさを
感じられます。
さらに、
こちらの雪のように白いアブラギリの花は
非常に魅力的で、
毎年「客家桐花婚礼」というイベントが
行なわれます。
百組の新婚カップルが
客家大院の前で夫妻の誓いを立てます。

「行き方」
鉄道で「苗栗駅」あるいは「銅鑼駅」下車、新雞隆行きの新竹客運バス5658に乗り換え、「七十份バス停」下車。

ホームページ
https://www.fortunelight.com.tw/

Please follow and like us:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です