未分類

台湾ナツメの紹介

蜜棗(ミーザオ)(Mìzǎo)(ㄇㄧˋㄗㄠˇ)と言います。
日本語ではインドナツメだそうです。

ナツメと聞くと乾燥ナツメ(紅棗)を
思い浮かべるかもしれません。
実際、日本で販売されているナツメのほとんどが
乾燥ナツメですよ。

今回紹介するのは、
11-3月のとき、台湾のフルーツ屋さんで
よく販売しているフルーツですよ。
大きさは約4cm程度で姫リンコみたいな形をしています。
フルーツとして食すものは
外皮は緑色で果肉の部分は白色をしています。
食感は、ナツメの味はほんのりとした甘さと酸味があり、
梨の味に最もよく似ていますが、
他の果物と比べるとほとんど味がないと
言っても過言ではないくらい「ほのかな味」ですよ。
新鮮なナツメは、僅かな青臭さの風味があります。
少し時間を置いて熟成させると甘みが増してきますが、
シャキシャキ感が少し落ちてしまいますよ。

台湾人は、
洗ってそのまま皮ごとしゃりしゃり食べますが、
真ん中に一個でっかい種があります。
食べる時、注意しないと歯が危ないですよ。
そして、
食材として一緒に料理することもよくありますよ。
例えば、
一番簡単な食べ方は、
スライスした大根の代わりに、
からすみと一緒に食べると、
シャキシャキ、さっぱりした食感、
潤い水分とほどよい甘さはからすみとの相性は抜群です。
是非食べてみてください。

台湾キッチン料理と点心教室 #台湾料理#台湾料理教室#台湾料理教室大阪#ナツメ#インドナツメ#harawii

Please follow and like us:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Instagram