立春 咬春

今天是二十四節氣的第一個~立春
象徵寒冷冬天就要過去,準備迎接春天來臨
在中國人的傳統觀念裏
立春是一年的開始
同時也代表着春天的開始
所以台灣常有句俗話叫「ㄧ年之際在於春」
尤其以前農業社會時
播種常在春天
秋天想要多少的收穫都取決於春天的努力!

昨天是節分
日本的傳統是吃惠方卷
而立春的話
中國古代有咬春(吃春餅)文化
會在這天吃一些新鮮蔬菜
既為防病又有迎接新春的含義
在唐代的《四時寶鏡》中就有記載:“立春,食蘆、春餅、生菜,號‘菜盤’
可以知道從唐代開始就已經有立春吃春餅的習俗
而且有句俗語~「立春時吃的蘿蔔比水梨好吃」
所以立春咬春(吃蘿蔔)
有種只要能克服蘿蔔的辛辣
萬事都能順利的意涵

將蛋皮、高麗菜、芹菜、蘿蔔、
小黃瓜、洋蔥等新鮮蔬菜
包入薄餅來食用
以現代預防醫學來看
辛香類食物具抗發炎能力、可殺菌
促進血液循環、增強新陳代謝
且大量蔬菜含多種植化素及纖維更有助排便
對身體健康有諸多好處
此外春餅清淡爽口
也很符合中醫認為春天消化功能較差
適合清淡飲食的概念
家裡沒有春餅
因此特別做我們台式潤餅皮來代替
搭配蔬菜包起來吃
果然口感清爽

今日は、二十四節氣の一つ目~立春の日
春の始まりであり、1年の始まりとされる日
なので、
台湾にはよくあることわざ
「一年之計在於春」

一年の中で春が重要なのは当たり前であることが分かる。
昔々人間が農業で生きていた頃
種を蒔くのはいつも春だった
秋にどれだけ多くを実らせ
どれだけ多くを収穫できるかは
春の働きにかかっていたのだ
そう考えると
春が人々の生活に大きな意味を持っていたのは
当たり前のことだと分かる。

昨日は、日本の節分だったので
恵方巻きを食べた。
今日は、立春
昔から、立春の日には、春餅を食べる文化があるそうだよ。
その来歴は唐代に遡るといわれている。
「四時宝鏡」には「立春の日、蘿蔔、春餅、生菜を食して、春盤と号す」とある
春餅は、小麦粉で作った皮で肉や野菜を包んで食べる中国風クレープのようなものだ。
さらに、
「立春に食べる大根は梨よりうまい」という諺があるが、立春の日に大根を食べる習慣は「咬春(ヤオチュン)」と呼ばれている。
大根の辛い味を咬み砕くようにしていれば万事うまくいく、そんな気持ちが込められているのでしょう。
新しい春を祝う春餅と苦難を乗り切ろうという咬春は、次第に融合していくことになる。
遅くとも清の時代には一つの行事とされ、
春餅には大根が欠かせなくなった。
やがて春餅を食べることを「咬春」と呼ぶようになった。

今日は、
自家製の潤餅皮で野菜達を包んで食べたよ。
あっさりして、美味しかった😋

Please follow and like us:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です