台湾客家おもち文化

今日みんなさんに
紹介したいのは、
客家の粄文化です。

台湾に一番よく見られる主食はお米です。
台湾客家も例外ではありません。
台湾の客家民族も客お米を主食としており、
お米料理は変化に富みます。
例えば、
細かくすりつぶしたお米をのり状にして、
水分を飛ばし丸くこねた「粄」
(日本のおもちみたい)は、
客家の特色ある料理の一つです。
様々な形に姿を変える。
そして
客家人は「粄」を作るのだけではなく、
「粄」を異なる社会関係の中にも融合し、
各種類の「粄」の文化までも発展しました。

例を挙げると、
💕 油煎甜粄 (別名は、油錐仔)
毎年旧暦の正月二十日は、客家の「天穿日」
伝説に女媧が天を補修した日だそうです。
そのときは、
油で煎った甘い粄とも言いを作って、
女媧が天を補修した恩沢を感謝します。
💕 紅粄 (新丁粄)
子供が生まれたとき
お祝いに出されるものは、「紅粄」といいます。
神様に
「子どもたちが健やかで元気に育ちますように」
と祈願します。
💕客家麻糬(粢粑)
ほとんど重要な祭りや慶祝行事に見える「粢粑」(客家もち)は、
台湾客家人のおもてなし、
情熱を示す重要な象徴です。

Please follow and like us:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です