台湾マンホール

台北市(台湾北部)は2013年から、

各地の特色を取り入れた

ご当地マンホールを導入している。

今年は藍本設計顧問の呉介民執行長、

桔禾創意の張漢寧総監、

Bito甲蟲設計創意の劉耕名総監、

樺致形象創意の楊佳璋総監の4人に委託し、

中正区、萬華区、大同区、南港区の

ご当地マンホールをデザインしてもらった。

各区のご当地マンホール

(カッコ内はデザインに取り入れたもの)

は写真左上から右に大同区(大稲埕)、

大同区(北門台北郵局)、南港区(オフィスビル)、

南港区(流行音楽センター、中央研究院)、

左下から右に中正区(中正紀念堂)、

中正区(自由広場)、萬華区(廟宇)、

萬華区(紅楼)となっている。

これらのご当地マンホールは

今年末までに順次導入される。

(「台北蓋水」フェイスブックページより)

Please follow and like us:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です