生姜の秘密

午安

昨日みんなに生姜料理を紹介したので、

今日は、台湾の生姜を紹介したいが、

中国語の字幕だけ、ごめん。

https://youtu.be/9G4CXuOE8yU

台湾の生姜と日本の生姜の違いは

もし台湾の市場とかスーパーに行ったことがある方、

多分そこで見かける生姜は、

日本のものとはかなり違くと思ってる方が多いかも

台湾の生姜は、

日本のスーパーでよく見える

小分けにされている生姜とは全然違うよ。

台湾のは、とりあえず大きい。

そして、台湾の生姜は植える期間によって、

嫩薑、粉薑、老薑、薑母という4種類。

「薑」は中国語の漢字だよ。

嫩薑:4ヶ月~日本の新生姜に近い

粉薑:6ヶ月~日本の普通の生姜に近い

老薑:10ヶ月

薑母:10ヶ月~2、3年くらい

私は日本に来て十年間で老薑(ラオジャン)や薑母(ジャンムー)を見たことないよ。

生姜の力なら、知ってる方が多いと思う。

特に、生姜と冷え症の関係性~

冷え症の人は、

何のものを食べた方がいいって聞かれたら、

普通の人は、多分生姜を答うのが多いが、

実は、

冷え症とか品種による生姜の力も区別があるよ。

例えば、私みたいな平熱からして低く、芯から手足の末端まで全部冷えてしまうタイプなら、

普通の生姜の方が良い。

もし新生姜を食べたら、逆効果になってしまうよ。

何でこんな差があるの?

実は、生姜は老成するほど辛みが増してくるので、

辛みが強いほど体をあたためてくれる効果

が高いそうだ。

さらに、

新生姜の力は、体表や末端の血流を促進して

体をあたためるそうだ。

その代わりに体の深部を冷やす作用があるそうだ。

なので、台湾冬の時、

ジャンムーの料理が多いそうだ。

例えば、

薑母鴨(ジャンムーを使ってアヒル鍋)

や薑母茶(ジャンムー茶)などの物を

食べる機会も多くなるよ。

Please follow and like us:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です